砂肝(4340)ペコリ

砂肝とは、鳥類や爬虫類、魚、ミミズなどの生き物が持っている消化器官「砂嚢 さのう」のこと。砂や小石が入っていたため、日本では「砂肝」「砂ずり」などと呼ばれている。飲み込んだものをすりつぶす働きをもっており、カロリーが低めだが、コレステロールが高く、鉄分、たんぱく質、亜鉛、ビタミン類などの栄養が含まれているため、貧血予防としての効能が得られるといわれている。よく焼き鳥などの料理で使われており、そのほかアヒージョ、コンフィ、野菜と一緒に炒めたりなどの調理法もある。

前へ

  1. 1

前へ
Share!