山芋(10600)ペコリ

山芋とは、ヤマノイモ科の芋。山野に自生しているものを自然薯(ジネンジョ)という。栽培種の原産は中国で、日本では縄文時代から食用として栽培されていた。食用・薬用として使われる。でんぷんが主成分。強力なでんぷん分解酵素のアミラーゼが含まれていて、消化を助ける作用がある。粘り成分は、粘膜をうるおし保護して、タンパク質の消化・吸収を高めるはたらきがある。ほかにビタミンB1、C。食物繊維やカリウムなどの栄養素も豊富。レシピは、とろろご飯や短冊切りのサラダなどが定番で、関西ではお好み焼きにも常用している。

前へ

  1. 1

前へ
Share!