切り干し大根(26800)ペコリ

切り干し大根とは、大根を細切りにして乾燥させた食品のこと。空気が乾燥している秋の終わりごろから冬にかけて作られる。作り方は、大根の皮をむき、5ミリくらいの厚さに輪切りにする。それを3ミリ程度の細切りにすると、重ならないよう気を付けつつ、ざるに乗せて日光にさらして乾燥させる。日光に当てると大根は甘くなり、カルシウムや鉄分、ビタミンB1、B2など栄養価も高くなる。酢の物にしたり、味噌汁の具材に入れたり、副菜やダイエットメニューのレシピでもよく使われる。日の当たらない場所で保存するのが望ましいが、長期保存する場合は冷凍が良いとされている。

前へ

  1. 1

前へ
Share!