キャベツ(132000)ペコリ

キャベツはヨーロッパが原産地のアブラナ科の野菜で、キャベツ特有の栄養素としてビタミンUを含むのが大きな特徴である。ビタミンUはキャベツから発見されたので、別名キャベジンと呼ばれ、胃腸の粘膜の新陳代謝を活発にする働きがある。また、ビタミンCが豊富なのも特徴の1つで、キャベツの葉を2~3枚、生で食べれば、1日の必要量の50%以上のビタミンCがとれる。調理法も充実しており、ロールキャベツや塩キャベツ、パスタやスープなどに入れたりと色々な料理に使うことができ、生で食べたり、煮たり焼いたりと重宝できる食材である。

前へ

  1. 1

前へ
Share!